事業実施支援サービス of 株式会社シンクフロント

いざ事業を始めて、多様な主体との連携にご苦労されていませんか?

「事業実施支援サービス」のご案内

「事業実施支援サービス」とは、

6120550.jpg多様な主体との連携による事業を行う場合、事業を始めてから直面する、業界風土や企業文化の違いに直面することがあります。

民間企業や行政、大学、市民団体等の間では、事業の細かな内容での考え方の行き違いや、事業を進める上での手続きの違いなど、様々な問題が生じることがあります。また、農業と製造業、商業といった同じ民間事業者間でも、事業に対する考え方が大きく異なることがあります。

こうした事業実施段階での意思疎通を図ることや細かな調整を行うことは、各関係者がモチベーションを維持しながらひとつの事業に取り組んでいく上で極めて重要なことです。

また、行政の補助事業などでは、事業費の精算にかかる証憑の整理や報告書の作成、さらには事業評価の実施及びその結果の分析など、本来の事業実施以外の業務が発生することがあります。こうした業務を効率的に実施することも、事業を進める上で重要なことです。

弊社は、これまでの事業コーディネート業務や事業評価などのノウハウを活かし、事業を円滑に進めるためのアウトソーシングサービスをご提供します。

サービスメニュー

具体的には、以下のサービスをご提供します。

  • 事業コーディネート業務
  • 各種会議の事務局運営代行
  • 事業報告書作成支援
  • 事業評価手法の検討及び評価の実施

弊社の「事業実施支援サービス」を活用することのメリットとは、

  • 産学官民それぞれの考え方に十分配慮し、的確できめ細かな調整を行うことが出来ます
  • 目的を明確にした効率的な会議や打合せの運営により、事業を円滑に進めることが出来ます。
  • 円滑な事業実施により、各事業者が事業に対するモチベーションを維持することが可能となります。
  • 事業の目的・目標に応じて、的確な事業評価方法及び評価指標を設定するとともに、データに基づく評価を実施することが出来ます。
  • 実施した評価結果から事業の課題を明確にし、改善方策などを検討することが可能となります。
  • アウトソーシングにより、調整や事務作業等にかかる負荷が大幅に軽減されることで、本来の事業実施に集中することが出来ます。

【取組事例】大学コンソーシアムの事務局運営

396774_157082654399598_157082561066274_235994_1009607154_n.jpg地域内の12大学相互の連携による多様な交流機会の提供、教育・研究の相互補完・向上と成果の還元、全国への情報発信に関する事業を行い、大学及び短期大学の特色ある発展を支援するとともに、地域の活力向上と地域経済の活性化に寄与することを目的として設立された大学コンソーシアムの運営業務全般を支援しています。

主な支援内容
事務局運営業務全般
各種事業の企画・運営支援
総会・理事会及び各種会議の運営
セミナー等の開催
WEBサイトの管理
補助事業の事務手続き など
WEBサイト

【取組事例】公立大学における教育推進プログラムの事務局運営

これまで大学が取り組んできた地域課題の改善のための「大学・地域共同プロジェクト」を、学生が地域課題の解決に取り組む専門カリキュラムと一体化させ、新たな教育プログラムを開発するための学内組織の運営業務を支援しています。

主な支援内容
事務局運営業務全般
教育プログラムの実施支援
WEBサイトの管理
事業評価の実施及び評価結果の分析
事業報告書等の作成 など
活用制度
大学教育・学生支援推進事業 大学教育推進プログラム(文部科学省)
事業主体
WEBサイト

前のページへ

|1|2|3|4|5|6|

次のページへ